しみ・そばかす

シミが肌にできる原因とは?消すためのスキンケアの方法をチェック!

シミができやすい場所をチェック!

30代や40代と年齢を重ねていく中で、肌にシミができて次のような悩みを抱えている女性はいませんか?

  • 若い頃は気にならなかったのにある日ポツっとできてしまった
  • シミや色素沈着が原因で顔色が暗くなってしまう
  • シミで老けた印象を周りの人に与えてしまうのが嫌だ
  • 頑張ってスキンケアをしているのに中々消すことができない

頬や目元など目立つ場所にシミができるのは誰でも嫌ですよね。

シミは顔だけではなく身体にもできることがあります、具体的にどんな場所にできやすいのか見ていきましょう。

太陽から近い場所にあるため、紫外線の影響でメラニンが発生する
目元 他の皮膚と比べて薄くてデリケートで、摩擦など刺激による影響が大きい
デコルテ あまりじっくりと見る機会はないが、気付いた時にできやすい
夏場は露出する機会が多く、紫外線に当たるとシミができやすい
背中 夏場に薄い衣類を着用していると、肌に紫外線が到達する
頬骨によって出っ張っている頬は紫外線によるダメージを受けやすい

シミの発生を防いで綺麗な肌を維持したいと考えている女性は、どの部位にできやすいのか把握しておかなければなりません。

シミが肌にできる原因とは?

なぜ肌にシミができてしまうのか、このページでは詳しい原因や理由をまとめてみました。

おかあさん
何だか最近肌の調子が悪くてシミも増えているからショック・・・

シミを消すスキンケアの前に原因を知ることが大事ですね
いとう先生

はだこちゃん
私はまだ10代から大丈夫だよね?

いや、高校生でも美白ケアを怠っているとこれからシミが増えやすいから注意した方が良いよ!
いとう先生

近年では年齢に関わらずシミで悩む女性が増えていますので、どんなメカニズムなのか見ていきましょう。

紫外線による影響でメラニンが発生する

紫外線による影響でメラニンが発生するのがシミの大きな原因です。

太陽から常に降り注いでいるのが紫外線で、次の3種類に大きく分けられます。

  1. 紫外線A波(UV-A):波長が長いのが特徴で皮膚の奥へと届いてコラーゲンを劣化させる
  2. 紫外線B波(UV-B):エネルギーが強く、肌が赤くなったりヒリヒリしたりと炎症を起こす
  3. 紫外線C波(UV-C):地上には届かないが、オゾン層の破壊の影響で届く量が増えているのではと懸念されている

これらの紫外線が肌へと当たると細胞を守るためにメラノサイトへと指令を送り、酵素のチロシナーゼが活性化してシミの原因となるメラニン色素が普段よりも多く作られるのがメカニズムですね。

「アミノ酸のチロシンが存在する」⇒「チロシナーゼが働きかける」⇒「メラニンが大量に作られる」という流れで黒色や茶色のシミができるため、決して不思議な現象ではありません。

おかあさん
太陽に当たるのは肌に良くないって知っていたけど、メラニンの生成が原因だったんですね

年齢を重ねると肌の生まれ変わりのターンオーバーが鈍くなり、正常に排出されずに肌へと沈着していきます
いとう先生

はだこちゃん
私はターンオーバーが正常で直ぐに新しい肌に生まれ変わるからシミができなかったのですか?

うん、だけど生活習慣の乱れやライフスタイルで簡単に肌のターンオーバーは崩れるから注意した方が良いよ
いとう先生

もちろん、紫外線は新陳代謝を促進したりビタミンDを生成したりと私たちが生きていくために欠かせない存在ですが、敏感肌の人は特に肌への悪影響に繋がると心得ておくべきです。

普段の生活で肌へと摩擦や刺激が加わっている

普段の生活で肌へと摩擦や刺激が加わっていると、頬や目元などダメージを受けやすい部位へとシミができます。

若い頃はあまり気にならなくても、30代40代と年齢を重ねてターンオーバーのサイクルが長くなると肌へとメラニンが沈着しやすくなりますので注意しなければなりませんね。

以下では、どんな原因で肌へと摩擦や刺激が加わるのかまとめてみました。

  • 頑固なメイク汚れを落とす目的で洗浄力の強いクレンジング剤を使っている
  • 必要以上に洗顔の回数を増やしていて肌がカサカサと乾燥している
  • 化粧水や美容液を使った保湿ケアを怠っている

帽子や日傘で紫外線対策を行っていても、肌への刺激を減らさなければメラニンは作られ続けますので気を付けましょう。

生活習慣が乱れている

顔や身体にできるシミと、毎日の生活習慣には大きな関係性があります。

生活習慣が乱れている人ほど肌にシミができやすく、具体的な原因を幾つか挙げてみました

  • タンパク質を代謝するビタミンB群や新しい細胞を作る亜鉛などの栄養素が不足している
  • タバコを吸っていてコラーゲンの生成に役立つビタミンCが破壊されている
  • 仕事やプライベートのストレスで肌の老化を起こす活性酸素が増えている

「ただのシミだから・・・」と放置していると、イボ状に隆起して老人性のイボの脂漏性角化症へと進展するケースもあるため、なるべく早く対策を始めるべきですよ。

シミを消すために始めるべきスキンケアの方法をチェック!

紫外線による影響でシミができるのは仕方がないとしても、毎日のスキンケアや対策で薄くしたり消したりすることはできます。

おかあさん
既に頬や目元にシミができているけれど、毎日のスキンケアで何とかなるの?

医薬品ではないので100%の効果は期待できませんが、新たなシミができないような予防には繋がりますよ
いとう先生

おねえちゃん
敏感肌の私もスキンケアには気を配った方が良いですか?

これからシミができる可能性はあるから、やれるべきことをやった方が良いね
いとう先生

以下では日々のスキンケアを中心にシミを消すために何をすれば良いのか説明していますので、美肌を維持したい女性は一度チェックしておいてください。

美白化粧品を使ってスキンケアを行う

自宅でシミを予防したいのであれば、美白化粧品を使ったスキンケアがおすすめです。

近年では実店舗やネット通販で様々なタイプの美白化粧品を購入できるようになり、メラニン色素の生成を抑えたり既にできたメラニンを還元したりする効果があります。

どんな美白化粧品を使ってシミの対策を始めれば良いのか目安を見ていきましょう。

  • シミへと効き目のある美白成分が配合されている
  • シミケア成分で色素沈着へと働きかけてくれる
  • 肌を内側から潤す保湿成分で乾燥を予防できる
  • 優しくて低刺激で敏感肌の女性でも安心して使える

「美白成分だけ入っていれば良い」と考えている方はいますが、保湿成分で乾燥を予防できたり低刺激で敏感肌の人でも使えたりといった点で比較して選ぶべきですね。

そこで、シミの悩みを抱えている女性は、ビーグレンのホワイトケア トライアルセットを使ってみてはいかがでしょうか。

ビーグレンはニキビ対策や美白対策のコスメとして大人気で、シミやそばかすに焦点を当てた複数の化粧品が入っているのがホワイトケア トライアルセットです。

以下では、ビーグレンのホワイトケア トライアルセットにどんな特徴があるのかまとめてみました

  • 洗顔料のクレイウォッシュや化粧水のQuSomeローション、美容液のCセラムなど複数の化粧品でスキンケアができる
  • ブライトニングケアに欠かせないビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分を含んでいる
  • 初めて使用する女性のために、365日間の返金保証制度が用意されている

紫外線のダメージに負けないように、日々のスキンケアで透明感のある明るい肌へと導いてくれます。

シミや肌のくすみなど老けて見られる状態を改善できますので、是非一度ビーグレンのホワイトケア トライアルセットを試してみてください。

<<ビーグレンのホワイトケア トライアルセットのアフィリエイトリンク>>

毎日の生活で紫外線対策を行う

毎日の生活で紫外線対策を行うのは、シミを消すスキンケアとして欠かせません。

紫外線による影響を少しでも抑えていれば、黒色や茶色のシミの大きな原因となるメラニンの発生を防げますよ。

具体的に今から始められる紫外線対策の方法を幾つか見ていきましょう。

  • 日常生活では「SPF10〜30」、炎天下でのレジャーは「SPF30〜50」の数値の日焼け止めを使う
  • 炎天下の中では帽子や日傘を使って紫外線が肌へと届かないようにする
  • 一日の終わりに肌へのダメージを和らげる目的で保湿ケアを行う

日焼け止めの使用は代表的な紫外線対策の方法で、クリームタイプやジェルタイプなど様々な種類のアイテムが登場しています。

おかあさん
日差しの強い夏場だけ日焼け止めを使った方が良いの?

紫外線は一年中に渡って降り注いでいますので、季節に関わらず方が良いでしょう
いとう先生

おかあさん
なるほど、これからはシミを増やさないようにスキンケアに力を入れます

車や家の中にも紫外線は到達しますので、UVカットフィルムやカーテンの使用もおすすめですよ
いとう先生

既にできたシミを消すだけではなく、新たなシミができないような予防も心掛けるべきです。

まとめ

以上のように、シミができる原因やメカニズム、効果的なスキンケアの方法についてまとめてみました。

今からでも決して遅くはないので、できることから始めて美肌を維持できるように努力してみてください。

プロ厳選敏感肌ケア用品

Copyright© 敏感肌さんへ|敏感肌のスキンケアのことなら - 敏感肌ケア専門の総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.